資料請求はこちら 見積もり依頼はこちら 来店予約はこちら お問い合わせはこちら

浴室リフォームで断熱性を高めてヒートショックを防ぐ4つのポイント

浴室リフォームでお風呂場の断熱性能を高める

浴室リフォームでお風呂場の断熱性能を高めることは、ヒートショックからご自身、ご家族の命を守ることにもつながります。


ヒートショックとは、寒暖差の影響で血圧が乱高下する健康被害です。風呂場やトイレはこのヒートショックが発生し命を落とす確率が高く、ご高齢の方にとっては非常に危険な場所でもあります。

こちらのページでは、浴室リフォームを行うことで断熱性能を高め、快適な浴室を作るポイントをご紹介します。

冬場になってから浴室リフォーム、断熱リフォームを行うとなると、製品の仕入れ状況によっては1か月以上待たなければいけない可能性もあります。


ご自宅の浴室の断熱性能に不安があるのであれば、事故が起こる前に早めの浴室リフォームをご検討されてみてください。




浴室事故の原因ヒートショックはリフォームで防げる?

浴室リフォームを行い断熱性能を高めると、ヒートショックは起きないのでしょうか。

そもそも、ヒートショックとは、寒暖差により血圧の乱高下することを言います。血圧が急激に高まり、また急激に低くなることで心筋梗塞、脳梗塞などを発症してしまいます。お風呂場で体調を崩すと転倒や溺れてしまう事故が発生します。

冬場のお風呂はヒートショックが起きやすいです。冬場に暖かい室内から寒い洗面所・脱衣所に移動すると、体温を維持するために血管が収縮、その収縮から血圧が急上昇します。

その後入浴するためにお風呂場に移動、寒い日であれば40℃近い湯温でしょうか、浴槽に浸かることで血管は拡張子、血圧は急降下します。

この血圧の変化により心臓や脳にダメージが行き、浴室での事故が起きてしまうのです。寒い場所と暖かい場所を行き来するだけでも、身体の中では大きな負担がかかるということです。

ヒートショック

ヒートショックの危険性があるのはご高齢の方だけでなく、若い方でも生活習慣病を抱えている方は要注意です。「自分は大丈夫」から、「かもしれない」という意識に変えてお住まいの特に寒暖差が激しい場所は対策していきましょう。

ヒートショックを防止するには、お湯にゆっくり浸かる、洗面所とお風呂場を予め温めておくなどの方法がありますが、リフォーム会社である、株式会社ユウワだからこそお伝えできるのは浴室リフォームでの防止策です。

次の項目で断熱性能を高める浴室リフォームのポイントをご紹介します。

ヒートショックは浴室での発生件数が多いので、浴室リフォームで防止策を取られることをおすすめします。


浴室リフォームで断熱性能を高める4つのポイント


では、浴室リフォームで断熱性能を高める4つのポイントをご紹介します。

ポイント①~断熱構造がある製品を選ぼう~

ユニットバスは年々進化を続け、お湯を張ってから4時間経過してもほとんど湯温が下がらない浴槽などがあります。株式会社ユウワでは、TOTOの「魔法びん浴槽」が標準仕様のサザナという製品をお得にリフォームいただけるメニュー表をご用意しています。


この浴槽には、発泡スチロールの浴槽断熱材の中に浴槽があり、発泡ウレタンを芯材にした断熱ふろふたを組み合わせることで、湯張りから4時間後でも温度低下は約2.5℃以下という高断熱の仕組みがあります。

浴槽断熱材


断熱性能が高いと高額な商品に思われるかもしれませんが、株式会社ユウワでは定価よりもお得にリフォームいただけるようになっています。

冷めにくいお風呂にリフォームすることで追い炊きの頻度が少なくなり、光熱費の節約・環境に負担をかけない暮らしにも繋がります。


ポイント②~天井・床下の断熱リフォーム~


浴室リフォームでは、天井や床下に断熱材を設置することも重要なポイントです。

戸建て住宅の場合は北側に浴室を設けるケースが多いのですが、浴室の床下に断熱材対応を行っていないと、底冷えする寒い浴室になってしまいます。

いくらユニットバスの断熱性能が高い製品を設置しても、基礎から断熱性能が低い場合は効果も低くなってしまいます。この場合は、浴室の基礎断熱の工事が必要になります。

基礎を断熱材で覆っていき、配管を通した穴などの隙間をきちんと埋めることで浴室の断熱性能を高め、温かいお風呂場になります。

天井や床下の断熱

ポイント③~浴室リフォームは窓も含めて断熱~


浴室の窓も断熱できるポイントです。そもそも家に関わる熱の6割が、窓や玄関などの開口部から出入りしています。体を洗っていると何気なく感じる隙間風や、窓辺の冷気を感じられたことはないでしょうか。

せっかく温かいシャワーで浴室内がホカホカになっても、外気に接している窓から熱が奪われているのでは非効率この上ないですよね。

浴室の窓も断熱できるポイント


窓は二重窓や、樹脂製のサッシ・複層ガラスにリフォームすることで断熱することができます。

既存の窓に新しい窓をかぶせるカバー工法であれば、1日で新しい窓に生まれ変わるので、浴室リフォームを行う予算や工期にお悩みの場合は、窓のリフォームからご検討されるのも良いかもしれません。


ポイント④~浴室暖房機の設置~


浴室リフォームの断熱性能を高めるポイント、4点目の最後は浴室暖房機の設置です。浴室暖房機は浴室暖房乾燥機とも呼ばれます。

電気式(ヒーター式・ヒートポンプ式)とガス温水式があり、浴室暖房機内部のヒーターが温められて温風を発生させるヒーター式が導入コストが低く、人気となっています。

TOTOの三乾王という商品では、入浴前からタイマーで浴室を温めておき、入浴中は心地良い程度の温風に切り替えられる機能などがあります。

浴室暖房機で温かいお風呂場になるのはヒートショックの防止にもなりますが、梅雨や冬場の衣類乾燥にもお使いいただけます。

浴室暖房機の設置

あったかお風呂リフォームの施工事例を紹介


ここからは、株式会社ユウワが施工させていただいたリフォーム事例をご紹介します。

在来工法の浴室は特に寒さにお悩みの方が多いので、冬場お風呂場の空気が冷たく感じる方は暖かいユニットバスへのリフォームがおすすめです。


新潟県 T様邸 全面リフォーム 浴室改装 事例

新潟県 T様邸 戸建て

ユニットバスは、冷めにくい高断熱浴槽で温かいお風呂へリフォームさせていただきました。滑りにくい床、シャワースライドバーなど毎日使う場所なので、快適に過ごせる機能を採用されました。


新潟県 S様邸 全面リフォーム 浴室改装 事例

新潟県 T様邸 戸建て

明るいユニットバスです。暖房付きなので、冬は暖かいです。



浴室リフォームで断熱性能を高めるポイントをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。

実際にご自宅にどんなユニットバスが合うか、お見積もりの具体的な金額等知りたい方はぜひ弊社にご連絡くださいませ。

地域密着でリフォームさせていただいている実績から、ご満足のお風呂リフォームを実現します!お電話からもお問い合わせいただけますので、ぜひご利用ください!


<< 浴室リフォームの費用相場 目次に戻る 風呂場リフォーム >>

 

リフォパーク新潟について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ
LDK+メンテナンス安心パック

リフォーム施工事例

お客様の声

代表ブログ

イベント・チラシ

お役立ち情報

お問い合わせ